4児パパ プログラミングを学ぶ

プログラミングは未経験で30歳過ぎても学べる!

いつか来るだろう人生最後の日に、パパはあなたでよかったと言わせる!

f:id:hitoiws:20160202210517j:plain

こんばんは!

 

最近子供達の成長が早く、いつの間にか長女は、

大人のジョークまで付き合えるほど大きくなりました。

長女の抱っこをする度に、本当に時間が流れるんだなと、

つくづく身にしみて感じます。

今思えば、もっと小さかった頃に、抱っこ、おんぶをしておけばなと、

後悔する時もあります。寂しい限りです。

 

いつか子供たちが大きくなり私と妻の元から離れた時を考えた時、

私たちの元から離れる子供達の『親離れ』よりも、

私たちが子供達と離れる『子離れ』の方が強いのではないかと、

今から心配している今日この頃です。

 

子供と過ごせる時間は限られています。

最近では、極力子供達と一緒に寝ています。(ずっとそうしてきましたが。笑)

川の字で寝るので、朝起きたら見事に体が痛い時も、

もう当たり前です。むしろチビ達も大きくなってきたので、

その痛さも日を追う毎に増してます。

 

でもいいんですよ。私の体が痛むぐらいなら。

毎日これでもかというぐらい、抱っこをしています。

次の日に筋肉痛になるぐらい。

 

家にいると毎日やかましいぐらい、うるさいんですよ。

子供が4人もいると。

でもね、一人で車に乗ってたりすると静かすぎて、

寂しいぐらい。

家族といると素直に幸せです。

 

子供はやがて親の背中を並べるように大きくなる。

小さかった頃当たり前に出来きた、抱っこもおんぶも、

やがてできなくなります。

 

今までの当たり前が、

新しい当たり前になります。

 

私には父親としての最終目標を密かに秘めています。

それは、

いつか来るだろう私の人生最後の日に、

やっぱりパパはあなたでよかったと言わせる!』 

です。

 

プログラミングについて、どんどん記事を投稿しなくてはならいのですが、

今日はとりわけ、家族と過ごす時間がどんだけ大切かを、

お伝えしたかったです。

 

家族と一緒に起き、

 家族と楽しく過ごし、

家族と一緒に寝る。

私にはとりわけ、すごい資産や能力はありません。

ただこうやって1日を過ごせる私は、

本当に幸せだと思います。

 

あなたはどんな時が幸せでしょうか?