4児パパ プログラミングを学ぶ

プログラミングは未経験で30歳過ぎても学べる!

MacBook Airを購入して一番驚いた事!電源オフではなく、スリープモードでいい?

f:id:hitoiws:20160206224319p:plain

 

こんばんは!

 

MacBookAirを購入してわかったのですが、

OSがすごく優秀で、Windowsの場合使い込むと動作が遅くなったりします。

その為再起動をしたりして、細かく電源を落としていたのではないでしょうか?

Windowsはスペックにもよりますが、起動してから使用できるまで、

割と長く時間を取られてしまうのですよね。

 

それに比べ、MacBook Airは優秀で電源オフから、

1分も経たないで使用できるまでのコンディションになります。

そしてMacのOSは省エネにも優れているので、

スリープした状態でもさほど電池は消耗しましせん。

ただ、Macの場合、積もり積もったキャッシュを削除します。

 

よく電源オフの状態から電源オンにする、

つまり通電の回数を減らすと、

寿命を減らすことなく長く使えると言われています。

 

ただここに関しましては、賛否両論です。

 

短時間の間に席を何回も離れて、

その度に電源を落とすぐらいなら、

手間と時間を考えるならスリープが良いでしょう。

 

そして一度オフにして、例えば8時間以上ないしはそれ以上の、

翌日に使うなどの時間をあけてしまうのなら、

電源を落とすのが理想かなと思います。

 

要するに、人それぞれですよ。

ってことです。

 

私の場合、会社がある日は電源を落として出勤して、

休みの時は割とスリープの状態にして席を立つことが多いです。

 

プログラミングをしててコードを書いてて、

エラーが出まくっていると先に進めないので、

コーヒーブレイクをとってリフレッシュする時にスリープにします。

そこで何度も電源を落としたりしてると、

コードを書いていた『エディター』とか

昨日お伝えした『ターミナル』とか『Github』など、

再度探して開くのが手間だったりするので。

 

MacBook Airは大切な私の一部なので、

今後も大事にそばに置いておきたいです。