4児パパ プログラミングを学ぶ

プログラミングは未経験で30歳過ぎても学べる!

新しいイメージの為に頭の中”断捨離”を。プログラミングには”理論”と”創造性”

f:id:hitoiws:20160208223631j:plain

こんばんは!

 

私は読書が好きです。分野は幅広く読みます。

政治だったり経済それに伴って社会関係。

資格本だったり、語学関係。

広く浅く、知りたい分野は徹底的に。

 

本屋さん行くとワクワクします。

学生の時はそんなには読まなかったのですが、

成人し家庭を持つようになると、

本を読んでいる時間はますます貴重だと実感しました。

 

本を読むことで自分を高めてくれます。

”成長”できる為の要素だと思います。

本は知識や知恵を与えてくれます。

知識を得るために読む⇨頭に入れる(Input)⇨頭から引き出す(Output)

 

本は知識や知恵を与えてくれます。

ただ”経験を得るには自分自身で体験”しなくてはなりません。

 

生きるための知識を吸収するには、

この様な手順でいいかも知れません。

 

ただ、プログラミングをするためには、手順を変えた方がうまくいきます。

というのはどういう手順か?

知識を活かす為に、まず読んで

1、Outputします。その後に

2、Inputします。

 

どういうことか?

プログラミングを覚え始める為に、

まずその分野の言語だったり、

フレームワークの本を読破しても、

結局は作品にできないと意味を成しません。

 

いい例が、”サンプルを真似て学ぶ”ですね。

実際に手を動かして、コードを書いて作る過程にて、

学ぶことは沢山あるのではないでしょうか?

 

受験勉強や資格取得勉強でも同じではないでしょうか?

いくら参考書を読み明かしても、問題を解けなければ結果を得られません。

過去問や傾向を見て問題集を活用するのではないでしょうか?

 

話はプログラミングからそれてしまいましたが、

もう一度繰り返します。

 

本は知識や知恵を与えてくれます。

ただ何か必要な”経験を得るには自分自身で体験”しなくてはなりません。

 

人生長いようで短いです。

あっという間に時間が流れていきます。

 

つい最近まで寒気極まる冬だったのに、

いつの間にか春一番が背中を押すように春を迎えます。

 

ハイハイしていた子供が、

気づいたらあなたの肩を並べるほどに成長します。

 

いかに1日という日々が貴重か。

有効的に使いたいですよね。どの瞬間も。

 

1日を有意義に過ごすために、私は家の中の要らないものを、

徹底的に捨てます。スペースを作ります。

物がないほどすっきりします。

 

物事をスームズに運ばせるために、頭の中をスッキリさせます。

頭の中の”断捨離”も欠かせないです。

 

プログミングは常に頭の中の集中力を必要とします。

理系的理論(私は文系ですが)、

創造性(私は美術、図画工作が苦手です)

を必要とします。

 

本を買ったら必要にならなかったら整理します。

売ったり、あげたり、捨てたり。

断捨離です。大きな本棚もいりません。

 

よく「捨てれない」です。という方がいます。

私の場合どのように判断するか?

1.タイトルを見て、多分もう読まないなと少しでも思ったら、処分します.

(読み返す時間があるのなら別ですが、大抵読みません)

2.処分しても、また変えたり本屋に行って読めたりできるものであったら、

それもまた断捨離します。

3.一度に多くを断捨離しない。

 

どうでしょうか?

本ももちろんそうですが、

物を多く所持しても一度に多くを扱えません。

 

”必要な時に必要なだけ”。

 

なぜ断捨離をおすすめするか?

4児のパパになると、賢く生きるために無駄を省くために、

毎日多方面で模索しているからです。

そのために、少しでも頭の中を整理しておきたいからです。

部屋中が散らかっていたりすると、それを片すためにも頭を使います。

 

多く物を所持していると頭の中のどこかに、

その物たちを留めて覚えておく必要が出てきます。それも頭を使います。

 

今日はとりわけ、整理整頓についてお伝えしたかったです。

過ぎてしまった時間は取り戻せないのでね。

1日を大切に生きていましょう。

 

今回も読んで頂きありがとうございます!

今後とも宜しくお願い致します!