4児パパ プログラミングを学ぶ

プログラミングは未経験で30歳過ぎても学べる!

"フィリピン"で "MacBook Air "を充電する!!日本の電圧は100V!でもフィリピンの電圧は220V!

f:id:hitoiws:20160413122100j:plain

 

こんにちは!

 

常夏の島フィリピンからこの記事を書いてます!

今4月の日本は桜満開の素晴らしい季節ですが、

フィリピンでは5月終わりまで夏の真っ最中です。

6月を迎えると台風の季節を迎えます。

 

フィリピンの学生は3月終わりから、

6月の頭ぐらいまでは夏休みです。なんて長くて羨ましいのだろうか。

 

フィリピンの大学生は夏休みが長いので、

夏の間に単位を取れるSubjectがあれば迷うわず単位取得を早め、

卒業にゆとりを持てます。まぁ要するに、今この瞬間を努力して後半に楽するか、

大学卒業までに平均的に過ごすかの違いですが。

 

  

■目次

1.”フィリピン”で”Macbook Air”を持っていく

2.”フィリピン”で”家電”を”220Vコンセントに”?

3.”フィリピン”で”MacBook Air”を”充電”?

4.”フィリピン”でも”プログラミング”は学べる!

5.”フィリピン”でも”自由”に稼げる!

6.他の記事も参考に!

 

1.”フィリピン”で”Macbook Air”を持っていく

 前回はアップル社のiPhoneの充電についてお伝えしましたが、

今回は私の愛するMacBookについてお伝えしたいと思います。

 

現在フィリピンにいるとお伝えしましたが、

もちろん愛するMacBook Airを持参してきました。

 世界どこにいてもMacBook Airとインターネット環境さえあれば、

お金さえ稼ぐことができます。

 

銀行のお金のやりとりさえできます。

2週間の休暇を得ていますが、この間にも日本の株式市場をのぞき、

ちょっとした売買もしています。

 

もちろんこのブログを少しカスタマイズしたり、

プログラミングもしています。

 

世界どこに居ても、本当にMacBookとインターネット環境があれば、

生きていけることを今後は少しずつですが、

情報や状況をお伝えできたら良いなと思っています。

 

目次にもどる

2.”フィリピン”で”家電”を”220Vコンセントに”?

MacBook Airは、他のノート型パソコンよりも電池は持ちます。

といえどさすがに、1日5時間以上使っていると電池の消耗は激しいです。

 

ですので、流石に”フィリピン”にいても”充電”が必要です!笑 

 

www.papa-programing.jp

 

前回でもお伝えしまたが、国が違えれば慣習も違えます。

国が違えれば、技術も違えます。

 

国が違えれば、配電される電気の規格も違います。

”日本の電圧”は100Vです。

”フィリピンの電圧”は220Vです。

 

この差は何かと言われると、

100V規格の電気製品を、220V規格のコンセントに入れてみればわかります。

『バチーン!!!!』で済めばいいのですが、

『ドカーン!!!!』となる時もあります。

 

簡単に言いますと、同じ電気でも電圧が違えると合わないですよっということ。

まず国が違うところで、普段日本で使っている家電をコンセントにさす前に、

電圧の規格を見ましょう。

だいたい家電のプラグ周り、バッテリー周りに記載されています。

 

目次にもどる

 

3.”フィリピン”で”MacBook Air”を”充電”?

日本で普段使っているMacBook Airですが、

結論から言いますと普段扱っているように、

そのままコンセントにさして大丈夫です。

 

何度も繰り返しますが、

日本では100V、

フィリピンでは220V、

アメリカでは110V〜120V、

オーストラリアでは220V〜240V。

 

私の経験上100V規格で使っていたのを、

220Vでさした場合、バチーンと光りました。

久々の経験だったので、ちょっとびっくりしました。笑

 

ですが時たまそういうことはありますが、

光るぐらいでしたら、大した事ないです。

 

目次にもどる

 

4.”フィリピン”でも”プログラミング”は学べる!

 

 もしこの記事を読んで頂いている中で、これから長期休暇取られたりする方や、

もしくは学生を休学する方、しばらく休職する方がいれば、

フィリピンでの休養やちょっとした活動はオススメいたします。

 

私の友達と何人かの知り合いは、今休職しながらフィリピンにいます。

フィリピンで英語の勉強したり、

フィリピンでプログラミングをしたりと。

 

でも英語やプログラミングを学んでいる中で、

然りとフィリピンを満喫しています。

発展している大都会に足を赴いたり、

はたまた、大自然を満喫できる田舎に訪れたり、

夜の光り輝く大人の雰囲気を味わったり。

 

目次にもどる

 

5.”フィリピン”でも”自由”に稼げる! 

フリーランスのエンジニアで プログラミングをしていて、

フィリピンで稼いでいる人もたくさんいます。

何人かにどうしてもお話を聞きたくて、タイアップいたしました。

 

そのエンジニアがフィリピンで仕事をする理由は一つ。

フィリピンが好きだからです。

シンプルでかつ、言葉に強みがありました。

 

フィリピンで住む幾つかの利点は、

・円に対する物価が安いこと

・英語圏で馴染みやすいこと

 

不利な点は、

・お米はやはり日本の方が美味しいこと。

・ちょっと危ない地域があること。

・医療費が高いとこ。

(医療費は知識と知恵や申請をする行動を起こせば 、

支払った金額の多くは返ってきます。)

 

目次にもどる

 

6.他の記事も参考に!

 

www.papa-programing.jp

 

私は人とのつながりを大切にします。

ですので、どこかでいつでも何かしらの縁でお会いできたら嬉しいです。

今日は”フィリピン”で”MacBook Air”の”充電”についてお伝えしました。

 

 ブログやプログラミングを今から始めたいっていう人への、

私の体験談とともにブログ始められる記事を、

下部にありますので、よかったら読んでいただけると幸いです。

私はIT業界に勤め待てませんが、そんな中でもプログラミングの上達や、

”おしゃれな”ブログを作ることの趣味を見つけました。

 

もちろん、育児も抜かりなく。笑

 

  

www.papa-programing.jp

 

www.papa-programing.jp

  

www.papa-programing.jp

  

www.papa-programing.jp

www.papa-programing.jp

 

Macを使っている人はこちらの記事も必見です!

www.papa-programing.jp