4児パパ プログラミングを学ぶ

プログラミングは未経験で30歳過ぎても学べる!

Rails "devise"でログイン機能を使う時の注意 rake assets:precompile RAILS_ENV=production Devise.secret_key was not setの対処

f:id:hitoiws:20160809224759j:plain

 

最近心から思うことがあります。

それはパソコン一台さえあれば、本当にビジネスの可能性を見出せる事。

そしてパソコン一台させあれば、世界に羽ばたけるという事。

インターネット環境さえあれば、

地球の真裏、まさにオリンピックが開催されているブラジルへ、

タダでテレビ電話ができるという事。

 

 そして、

人生伸びしろしかない!!!!!!

という事。

 

 

さて、いよいよ夏本番となり暑くなってきましたね!

外に出た時の熱風は、時たま体調を崩すほどの猛威となりますね!! 

 

つい最近まで私は毎週土曜日の『時をかける少女』を長女と観るのが、

楽しみでした。5話限定ですぐに終わってしまいましたが。苦笑

 

子供とドラマを見る事も、人生の楽しみの一つになるという事は、

いかに自分が父親として、生きているのだなと実感しております。笑

 

ブラジルオリンピックで頑張っている人を家族全員で、

応援している今日この頃です。

 

私自身は、Ruby On Railsに精を出し、

明日を夢見て、今日を頑張っています♪

 

  

■目次

1.ログイン機能でDeviseを使う!

2..Deviseでログイン機能を使う!

3.Deviseをインストールした後のエラー

4.rake assets:precompile RAILS_ENV=production Devise.secret_key was not setの対処の仕方。対処方法

5.エラーは敵、でもエラーメッセージは味方?

6.プログラミングで自由に生きる

7.4児のパパだから、もっと時間を有効に使う!

8.過去の記事をご参考に♪

 

1. ログイン機能でDeviseを使う!

Ruby On  Rails というフレームワークはとても便利で、

他の人が先立ってRubyライブラリ(railsの世界では、Gem)を作り、

さらに世界中の誰でも使えるように、貢献しています。

 

際立って相当レベルの高いエンジニア達というのは、

自分が作りあげたライブラリ(機能や情報が集約されたもの)を、

世の中に公開している。

それが故に今世界中のテクノロジーの発展を、

加速している理由の一つかも知れませんね。

 

とても便利で、ビジネスの成功を加速させてくれるフレームワークといえど、

プログラム同士で仲が合わなく、取り持つために、

ある程度の調整が必要だったりします。

 

それが環境構築というものです。

その機能を使おうとしても、思っている以上にエラーが出てしまい、

実際に使うために、違う処理や機能を追加しなくてはならないことがあります。

 

そのエラーをなくすために他のライブラリが作成されたりします。

使い勝手はいいが、意外にも裏側では複雑なのですよね。

 

優秀な先人たちに、脱帽です。

そんな人たちに憧れます。

 

目次にもどる

 

2.Deviseでログイン機能を使う!

 Rails ではGemの追加して、よりアプリを使いやすく、

そして管理しやすくするためにGemの追加をするのは避けて通れないものです。

 

Railsでは”Devise"を使いログイン機能を、使いましょう。

 

1,まずgemファイルにdeviseを追記致します。

Gemfileはrailsファイルの下方にあります。

f:id:hitoiws:20160809215138p:plain

 

2,ファイルを開け、追記します。

f:id:hitoiws:20160809215311p:plain

 機能を増やすためにGemが増えてくると、

そのgemが何のために必要だったかを、コメントアウトを利用し、

備考を残しておきましょう。

 

3,コマンドにて$bundle install

これで大抵はその機能を使用するための”下地”ができます。

 

4,この"Devise"など特殊なgemを

bundle installした後が、

意外と面倒なことが多いです。 

 

5,インストール後マイグレーションなどの必要な事が、

多くありますが、今回は割愛させていただきます。

 

目次にもどる

 

3.Deviseをインストールした後のエラー

 本日は私がdeviseをインストールした後、困ってしまったエラー。

 

Herokuにプッシュするために、下記のコマンドを実行。

$rake assets:precompile RAILS_ENV=production

を実行しようとした後、

$ bin/rake assets:precompile RAILS_ENV=production

rake aborted!

Devise.secret_key was not set. Please add the following to your Devise initializer:

 

  config.secret_key = 'secret_key 桁が長い番号'

 

Please ensure you restarted your application after installing Devise or setting the key.

 

これはログイン認証用のdeviseのsecret_keyが設定されていないために起きるもの。 

 

 

目次にもどる

 

4.rake assets:precompile RAILS_ENV=production Devise.secret_key was not setの対処の仕方。対処方法

この対処の仕方は、意外と簡単です。

config/initializers/devise.rbの中に、

config.secret_key ='secret_key ' を記載するだけです。

 

私の場合、config/initializers/devise.rbの中の一番下に記載致しました。

 

Devise.setup do |config|

中略

config.secret_key = 'secret_key'

 

end

これで、

$rake assets:precompile RAILS_ENV=production

を可能になります。

 

目次にもどる

 

5.エラーは敵、でもエラーメッセージは味方?

どの言語もエラーと戦うのは避けて通れないものです。

特にRailsの赤い画面には、初心者には怖いものです。

 

でも、エラーメッセージは味方です。

解決策のヒントを教えてくれます。

(それでも私の場合悩まされることが多い。苦笑)

 

 

目次にもどる

 

6. プログラミングで自由に生きる

私のメンターの一人は、フリーランスで時間さえあれば、

世界を駆け巡っています。

私がフィリピンにいるときでさえ、フィリピンに会いに来てくれました。

今はアメリカにいるとのこと。

尊敬致します!

私も世界を相手にしたエンジニアの一人になりたいと、日々奮闘しています。

 

本日はまた久々にアップ致しました。

いろいろな経由でこちらにお越しになり、

貴重な時間を使って一読して頂くのは、心より嬉しい限りです。

 

毎回しつこく言わせて頂きたいです。

プログラミングを学ぶことにより、

多くの自由を得るのは事実です。

 

私は、『好きを仕事に』をこれらかもしていく為にも、

今やらなくてはならないこと、

学ばなくてはならないことは、寝る間を惜しんででも頑張ります。

(体調管理を考え、何もしない日を月2日ぐらい作ります。)

 

今後世間ではフリーランスで頑張る人々が増えてきています。

『好きな場所』で、

『好きなタイミング』で、

『好きな事』を。

そして『愛する人のそばでの多くの時間を過ごす事』。

 

時間は有限です。限りがあるのです。

 

いきなり大きなことはできません。

でも小さなことを小さく積み上げることで、

大きくなることもあります。

 

まず小さな目標を見つけること。

サンプルを使って、シンプルなものを最初は作ること。

 

このはてなブログはカスタマイズしやすく、

ネット上で先駆者がコード公開しています。

検索してブログをカスタマイズすることで、

問題解決力もついてきます。

プログラミング未経験の初心者には優しい壁です。

この壁を乗り越えるだけで、HTML/CSSの経験値はグ〜んと上がります。

 

 去年の今ぐらいはまだプログラミングには出会えていません。

でもここ最近実感して言えることは、

プログラミングを知る事で、まだまだ未熟で未経験ですが、

将来それでご飯を食べていけるだろう可能性も出てきた事。

 

世の中発展し、どんどん機械化され、人の仕事がなくなっていく中で、

プログラミングを知る事で、可能性も見出せる事。

 

 

何よりも、セミナーや講座を受けた事で、

何人かと知り合えた事。これが一番大きい。

 

 世界どこに居ても、お金は稼げれる記事を書いています。

下記を読んで頂けたら幸いです。

www.papa-programing.jp 

7. 4児のパパだから、もっと時間を有効に使う!

私は4児のパパをやっています。

本業はIT関連ではありませんが、楽しんでプログラミングをやっています。

プログラミングをやるための時間を捻出するために、

日々頭を使い、工面しています。笑

 

 

プログラミングをしてコードを書くと、

頭の体操になりますし、エラーを出して、リバイスして、

エラーを正すとスッキリします。笑

 

 

私は人とのつながりを大切にします。

ですので、どこかでいつでも何かしらの縁でお会いできたら嬉しいです。

 

 ブログやプログラミングを今から始めたいっていう人への、

私の体験談とともにブログ始められる記事を、

下部にありますので、よかったら読んでいただけると幸いです。

私はIT業界に勤め待てませんが、そんな中でもプログラミングの上達や、

”おしゃれな”ブログを作ることの趣味を見つけました。

 

もちろん、育児も抜かりなく。笑

 

 

目次にもどる

 

8. 過去の記事をご参考に♪

 

『好きな場所』で、

『好きなタイミング』で、

『好きな事』を。

そして『愛する人のそばでの多くの時間を過ごす事』。

 

 人生伸びしろしかない!!!!!!

 

www.papa-programing.jp

www.papa-programing.jp

www.papa-programing.jp

www.papa-programing.jp

 

www.papa-programing.jp

 

www.papa-programing.jp

 

 

 

 

いつも読んで頂きどうもありがとうございます。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。 

 

目次にもどる