4児パパブログ♪

プログラミングは未経験で30歳過ぎても学べる!

【劣等感に打ち勝つ】絶え間ない努力は実る話

劣等感 打ち勝つ 絶え間ない努力

劣等感 打ち勝つ 絶え間ない努力


こんにちは。4児パパです。

 

 

毎日更新していますが、基本的に約3000文字以上を目指しています。

ノリノリの時は、スイスイ書いていけるのですが、ここ最近少し重いです。ちょっと疲れているのかなと思いつつ、日々精進できる頑張っています。

 

 

 

劣等感を抱いて会社勤めをしてきました。無難でいたのなら、きっと今頃はあのポジションで仕事をしているのかと。恵まれない境遇で、同期や後輩がもはや自分の上司となる。会社ではトップが変わらないと自分の新しい場所はない。唯一の救いは寝る間を惜しんで学んできた事。今では彼等より稼いでる事。

 

ブログを頑張るのも、変わりたい自分がいるから。

だから睡眠を削ったりしても、気分は常にノリノリです。笑

 

 

  

■目次

1.劣等感を受け入れる

2.劣等感から来ている怒りを力に

3.劣等感があるのは成長できる

4.みんなと同じじゃなくて良い

5.最後に

 

いつも読んで頂きどうもありがとうございます。

今回も3分ほどで読み切れると思います。

最後までお付き合いして頂けましたら幸いです。

 

1.劣等感を受け入れる

劣等感は誰にでもあると思います。

学歴だったり、容姿だったり、会社 の役職だったり。

 

でも先に宣言します。劣等感は必ず自分を成長させます。

 

劣等感を受け入れて生きていく

あながち劣等感を抱いてしまうのは、しょうがないと思います。人それぞれなので。

私なんか劣等感の塊でした。

昨日の記事でもお伝えした通り、上司に恵まれていないので、

会社の役職を取りにいけません。

試合終了状態ですね。

でもそこで出ててきたのが、スラムダンクの安西先生。

「あきらめたらそこで試合終了ですよ?」

 

そうだ。まだ終わってないと悟りました。

 

 

 ありのままに受け入れる

私の場合は、会社で生んでしまった劣等感を素直に受け入れました。

「あっ、もうどうしようもできない。」と。

そう思った瞬間に、人生がツンツンしてきましたよ。

 

「お前の進むべき道はこっちじゃないだろ。」

 

意識を方向転換すると報われる

劣等感を上手く利用すると、思った以上に成長できます。

 

 

ぶっちゃけ、かなり変わりました。

 

 

意識を少しだけ方向展開させます。

  • 昇進しても不便な事が多い
  • 昇進してもサラリーマン級の給与しかない。

 

もはや昇進できない自分に対して、何も会社内の仕事やスキルを学んで昇進しても、所詮稼げる額決まってるなって。

 

 世界は広い。

そして人生は伸びしろしかない。

 

 

2.劣等感から来ている怒りを力に

 劣等感を抱いているのは、きっと嫉妬からです。

私のケースを例にすると、

「なんであいつが昇進した。」でも内心なんで自分じゃないという、

やきもちですかね。

 今でも少しだけ妬いてしまいますが。

 

 

劣等感に苛まれる

一度あの気持ちを味わったら、下手すれば一生消えません。むしろ心の中にずっと残ると思います。それでもなお、頑張るしかないですね。 

 

嫉妬を怒りに変える

いつか見返してやる。

その思いだけで良いですね。

怒りをぶつける場所は、常に自分自身。自分が変われば良い。 過去と他人は変えられないので。

 

怒りが成長への行動力になってくれますので、とは言え暴力は絶対ダメですよ。

 

 

 

3.劣等感があるのは成長できること

 

劣等感は、挫折と絶望感と同じくらいの感情。

でもそれは成長出来る事への裏返し。

 

 

寝る間も惜しんで努力する

私の場合、会社ではもう出世できないので、まず方向転換しました。

株、プログラミング、不動産、ブログ。本業があると、他のことは二の次。でも共通して言えるのが1日は24時間しかないので、物理的に睡眠を削りにいくと思います。

 

短期的な結果は求めませんでした。なので時間を売ってまでのアルバイトはしませんでしたし、不動産では投資用マンション買う時は、サラリーマンというステータスをフルに使いました。

 

 

見えない努力は評価されない。

寝る間を惜しんで努力してきた事は、誰にも見えない為故に、評価されませんですし、会社がわざわざ個人の幸せの為に、労いをかけることもありません。

 

かと言ってわざわざ自分が何を頑張っているかをアピールする必要もありません。

見せる努力は要らないです。

 

上部だけの中身の無い人、先に出世したい人がやることですね。

 

 

 

4.みんなと同じじゃなくて良い

劣等感を抱いている自分を素直に受け入れて、新しい挑戦をすれば良いと思いました。

 

会社での出世が出来なくてなったら、ふと 立ち止まって考えます。

 

 

出世したい理由は大抵は、お金ですね。目先のお金の為に出世願望むき出しにすると失敗します。

 

私は、株、不動産、ブログ、プログラミングへシフトしました。

 

努力はいつか報われるは本当

会社の外で黙々とやっていた事が、ようやく形になってきました。

株では空売りも、不動産は賃貸不動産から自宅への支払い、プログラミングはWebアプリ開発、そしてブログ。

 

断言していえます。

今では会社の同僚や上司より稼ぎが良いことを。

 

 

5.最後に

正直にお伝えしますと、ここ最近ブログを書くことで満たされている感じがあります。

連日投稿で夜遅くでありますが、今後も頑張っていきます。

 

 

私の周りでブログを始めた人たちがいるのですが、

挫折して消えていくのか、または続けられるのかを楽しみに、見守っています。

 

『挫折や絶望しそうな自分』がいれば、なにがなんでも『変わりたい自分』でプッシュしてあげれば良い。

 

 

人生伸びしろしかないよ。

 4児パパ